特撮 仮面ライダーシノビ 感想

東映特撮FCで独占配信中。
感想は基本的にネタバレだけです。


・仮面ライダーシノビ作品紹介
仮面ライダージオウのスピオンオフ作品。
オーマジオウの存在する未来では存在しなかった2022年のライダー。

環境破壊の進む地球において自然エネルギーを生み出す忍者に希望が託された。政府は忍者法を交付。全国民に忍術の修行が義務付けられ世の中忍者社会となった。
だがそれはすべては闇の忍者集団「虹蛇」陰謀であった。世界を掌握しようと暗躍する虹蛇に敢然と立ちあがったのは、伝説の忍者「仮面ライダーシノビ」であった。

以下ネタバレ

・仮面ライダーシノビ
神蔵蓮太郎が変身するシノビ。ジオウに出演時の2019年には変身できずチンピラに一方的にやられるだけですがこの時代ではシノビに変身する事が可能となっています。今回は序章といってもいい内容ですが初変身ではない様子。師匠のガマノによると命を助けたとあったので一度虹蛇に殺されかけその際に色々あり変身能力できるようになったのでしょうか。
普段は力を隠すために昼行燈状態になっていますが実際は強力術が使える模様。火遁系の術が得意分野でしょうか?アナザーシノビは多様な術を使っていたので他の術も使える、または今後習得するのでしょう。今回は簡易型とは言え上級忍術の光遁の術を使ってましたし。
全ては続編次第なのですが。評判が良ければ続編作るんでしょうかね?

・仮面ライダーハッタリ
服部ではなくハッタリ。初登場にも関わらずシノビに完封されましたがまあそういうキャラですしね。その後主人公がピンチの状態で颯爽と現れて敵に加勢するのはなかなかおいしい役どころ。虹蛇配下の「今生カンパニー」御曹司という事でパワーアップフォームも期待できます。
ただ、なんとなく主人公の正体には最後まで気が付かない気がする。話が進めば今生カンパニー、虹蛇からの離脱があると思うのでその時点でシノビの正体に気が付くとは思うのですが最後まで色々勘違いしていてほしいところ。もしくは色々間違ってラスボス化。

・ヒロイン
虹蛇の姫。自身も虹蛇もその正体に気が付いていない。
ただ姫と言ってるのが非常に怪しいガマノ師匠なので実際はどうなのか。重要人物であることは確かですが情報が少なすぎて。すべてはガマノ師匠が悪い。
敵に非常に惚れられやすいのは伏線だったら面白そう。

・闇忍
そもそもこいつが何の目的で動いていたか。瓢箪回収とシノビの正体を探るといった感じでしょうかね?ただこいつの場合私情が強すぎて他の情報が脳内からすっぽ抜けました。
ただ銀はともかく金の瓢箪まで奪おうとするのはなんででしょうか?あれはハッタリが勝手に持ち出したとかですかね?
あとこいつOPでいかにも幹部クラスみたいな感じで出てますが確実に幹部ではないですよね。ただ1話の敵が実は幹部だったというのはそこそこあるので実際どうなのやら。

・ガマノ師匠
非常に怪しい。
シノビに対して消耗させるのには適任、と独白する場面もありましたし単に主人公の師匠ポジションではない様子ですね。闇忍曰く瓢箪の変身システムには限界があるようですしシノビの変身システムは何かを消費して変身してる模様、そして消耗はガマノにとって都合がよく主人公は消耗をさせるのには適任、といった感じでしょうか?
虹蛇が開発したと思われるハッタリと同系統のシステムを使っていることから元虹蛇の関係者。もしくは虹蛇から瓢箪を奪った第三勢力でしょうか?
主人公を育てていますが目的は何かを消耗させること。そして自身は満足に行動できない状態から推測すると目的は自身の掛け軸状態からの解放。そのために自身を封印してる銀の瓢箪の何かを消耗させているといったところでしょうか?
余談ですがガマノ師匠を演じている方はハリケンジャーのクワガライジャー。そしてハリケンジャーの師匠ポジションといえばハムスター館長。有能なんだか無能なんだか最終回までよくわからなかった館長ですがもしかしたらガマノ師匠も同様に自身で変身したはいいけどもとの状態に戻れないとかあるのでしょうか?ただ残念ながら館長はハリケンジャーの師匠ではあるのですがクワガライジャーの師匠は父親だったはず。まったく関係なさそうですね。

・感想
ちょっとノリが軽すぎて一年やるには少し厳しそうですが1クールぐらいでやらないですかね?というかあのノリでやるとニンニンジャーとかぶってしまいそうだし。そして主人公が妖怪化。となると完全にスターニンジャー状態になってしまうのでないですね。
伏線張りまくりであわよくば続編作成する可能性も無きにしも非ずですが正式なライダーでも序章で終わってる作品もあるのでどうなるのでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック