特撮 RIDER TIME 仮面ライダー龍騎 感想

RIDER TIME 仮面ライダー龍騎 感想

ネタバレ感想。
今回の話だけでなくテレビ本編、SP版、劇場版についてもオチまで含めてネタバレありです。

・冒頭あらすじ
鏡の世界ミラーワールド。集められたのは記憶を失った男たち。謎の女性サラによって仮面ライダーのデッキを与えられ生き残りをかけた戦いに巻き込まれる男たち。果たして最後まで勝ち残り現実世界に戻れるのはどのライダーなのか。

以下ネタバレ。

・ジオウ
時系列がよくわからない。本編で龍騎編が終了した時点ならジオウⅡになれるのでライドウォッチなしでもアナザー龍騎を倒せるのでなし。本龍騎編前だとこの時点で真司に会っているのでなし。そもそも脚本は井上敏樹。時系列やその他細かい点はまったく考慮してないと思います。
というかこれ無理やりジオウを出す必要性はあったんでしょうか?シノビは完全にシノビ単独で作ってるのでこれも単独で作って欲しかった。最終戦は龍騎対オーディンの方が良いと思うのですが。オーディン自体は攻撃が通りさえすればサバイブでないナイトでも倒せてますし。

・ゲイツ
似てる事は似てると思いますが公式でネタにするほどでは。でもあの描写ないとほぼ空気状態なんですよねえ。ジオウ以上に出る意味が薄かった。

・龍騎
無理やりジオウを入れたせいでオーディンほっといて病院に行く羽目に。オーディン無力化してからでいいじゃないですか。それ以外は真司らしい行動で良かったと思うのですが。
サバイブは設定上でないのは仕方ない。でも本編の記憶が戻った=一度オーディンのワープを攻略してるわけでオーディンからサバイブカード奪って変身、からの撃破で良かったと思うんですけどねえ。やっぱり今回はジオウいらない。

・ナイト
ナイトはやっぱりカッコいいですね。ナイトサバイブもカッコいいので出て欲しかったのですが。今回の設定だとミラーワールドにサバイブカードがないので龍騎かナイトどちらかしかサバイブになれないんですけどね。
今回はさすが主人公というぐらいおいしい役どころ。…龍騎の主人公は龍騎と騎士の二人で良いですよね?

・シザース
…いつ死にましたっけ?テレビ本編だとライダーバトルの犠牲者、そして悪徳刑事という事でおいしい役どころだったんですけどねえ。生き残りさえすればそこそこ他のライダー撃破してたでしょう。彼が悪かったのは最弱のデッキ渡された運のなさですよね。
どうでもいいですが個人的に好きなのがSP版でちゃんと食事代はらってるシーン。

・ゾルダ
よく考えたらこの時代にスーパー弁護士生きてるわけないですよね。そもそも余命僅かだったので。そりゃゴローちゃんがゾルダになりますよね。そしてさんざん引っ張って尺の都合であっさり退場。まあ3話で全員の話きっちりやれるわけもなく。そもそもテレビ本編でも出てきてないライダーいますしね。
龍騎とは関係ない話ですがセッシャー1の続編まだですか?

・王蛇
浅倉が浅倉で非常に良かったです。尺の都合であっさり退場。と思わせてからの強襲。なりふり構わずイライラ解消の為に暴れまくる彼は彼らしく非常に良いですね。そもそも最初から記憶ありですし。主人公格二人を除けば一番優遇されてるんじゃないでしょうか?
龍騎と関係ない話ですがシャンゼリオン続編はまだですか?

・ライア
何故こうなった。色んな意味で。個人的にライダーの中の人では一番イケメンだと思ったんですけどねえ。月日は人を変えるものですね。
そしてあのベッドシーンはいれる必要があったのか。別にあれいらないと思うんですが。でもテレビ本編でライダーバトルに参加したのは男の親友の為だった気がする。つまり元々そういう人だった可能性が。
しかし仮面ライダー真やアマゾンズのように規制が緩いといれる必要性の薄い描写が増える気がしますね。
そういえばテレビ版の初期設定ではライア=ライアー=嘘つきって事で裏切るキャラだったらしいですね。今回の行動はそれを踏まえての事可能性もありますね。

・ガイ
ライアとかぶりますがベッドシーンはいらない。なぜあのシーンいれた。テレビではさんざんヘイト集めた挙句ガードベント扱いされて視聴者の留飲を下げてくれましたが今回は手塚のおまけみたいな感じで。オリジナルキャストは良かったです。

・タイガ
非常に影が薄い。まあここで英雄云々言われても尺がないですしね。
ちゃんとフリーズベント使ってくれたのは良かった。きちんと使えばチート級のカードですよねあれ。
テレビでは主人公以外の死に方では一番好き。オルタナティブ陣営なのにオルタナティブとゼロを一人で倒してるのも好き。

・インペラー
こっちも影が薄い。やっぱり尺が。
テレビだと弱いわりに結構良いキャラしてたんですけどねえ。戦いに巻き込まれたものの末路という感じで。まあライダーバトルに巻き込まれた時点でほぼ全員死亡なんですけどね。

・ベルデ
さすがにオリジナルは無理ですね。SP版だとガイの上位バージョン的な存在かつナイト撃破してるとおいしい役どころですがそもそもベルデはSPオリジナルキャラみたいなものだとSP版でおいしいのは当然か。
クリアーベントは他人にも使えるんですね。SP版でも同様の効果だったかもですがSP版の性格だと他人に自身の能力教えるわけもないですしねえ。コピーベントもチート級でカードデッキは一番好み。

・リュウガ
リュウガはやっぱり強いですね。ジオウ本編でもアナザーリュウガは優遇されてましたし。サバイブなしでまともに対処できる相手じゃないのは良かった。地味に初登場のはずのガードベントも良かった。といっても龍騎の色違いのはずですが。

・アビス
何故出た。アビスはディケイドオリジナルライダーじゃないんですか?テレビで出てない為か瞬殺されてて非常に扱いが悪かったですがある意味出ただけでも扱いが良かったといえるかも。

・ファム
何故でなかった。でも冒頭で高岩さんが登場。そしてのちに登場してない点からいっても高岩さん=ファムの可能性が無きにしも非ず。

・オーディン
初エターナルカオス!最終回だとまさかの省略でしたし。一応ゲーム版や海外版のドラゴンライダーだと披露してますが日本の本編で登場したのは初のはず。しかし尺の都合かあっさり撃破されてたのは残念。というか龍騎で倒して欲しかった。

・神崎士郎
オーディンのところで書こうかと思ったんですが今回はともかくオーディンは神崎士郎ではないですからね。別枠で。

感想の前に本編設定おさらい。
そもそもの話ライダーバトルは神崎士郎が妹に命を与えるために行っていた事でSP版、劇場版はライダーバトルの一幕を描いた作品な訳ですね。どの結末でも結末に納得がいなかった神崎士郎がタイムベントでやり直して最終的に行き着いたのがテレビ版の最終回。最終的に妹の説得によって消滅したわけですが…

今回何故復活した。尺が足りないせいもありますが本編で説明がほとんどないのでどういう状態かよくわからない。そもそもオーディンになぜ変身してるのか。テレビ版だと幽霊のような存在の為、適当にさらってきた人間に変身させていたという設定があったはずですが。それを踏まえると今回は生きてるんでしょうかね?まあ今回尺が不足しすぎなのでよくわからず。

そもそもの話でいったら神崎士郎ではない人が変身して同名でまったく関係ない人の名前を叫んだだけかもですが。こればかりは続編が作られないとわからないですね。

・感想
全体的に尺がまったく足りてないですね。というわけでストーリー面は全体的に省略されてても仕方ない。細かい事は考えずにもう一度ライダーバトルが起こったと思っておけば良さそうです。
アクションシーンは非常に良かった。各ライダーのファイナルベント含めてコンファイン、クリアー、コピー、フリーズなどを使用していて各ライダーの個性が出てましたし。今回のような感じで前のもう1作品ぐらいジオウやってる間に作ってくれないですかね。
と思ってたら仮面ライダーブレンとは。仮面ライダーハートになったのもカウントすればこれで二つ目ですね。3つ目は…多分無理ですね。多分セリフが出てこない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック