映画 コンフィデンスマンJP ロマンス編 感想

コンフィデンスマンJP ロマンス編

ネタバレありの感想です。
今回の話でネタバレなしでの感想を書こうとしても自分の文章力だとネタバレしそうなので。
テレビ版は観ましたが記憶が曖昧なところがあります。

・あらすじ
信用詐欺師「コンフィデンスマン」ダー子、ボクちゃん、リチャード。今回のターゲットは香港マフィアの女帝ラン・リウ。彼女が持つ時価数百億ともいわれる伝説のパープルダイアを狙って3人は香港へ。
ラン・リウに近づくもそこには以前ダー子と組んでいた恋愛詐欺師ジェシーがおり、パープルダイアをめぐる争いは予測不能な展開にとなっていく。

以下ネタバレ

・今回のオサカナ
今回の話の一番の騙しはここでしたね。オサカナがランではなくジェシーとその背後のゴッドファーザー赤星でした。
基本的にコンフィデンスマンはターゲット自体違うってのはなかったと思ってたんで油断してましたがそもそもオサカナ発表の時に不自然に場面転換してたような。そこらへんで気が付くべきでしたね。

ランと元旦那が国外に出ようみたいな話の時に不自然な金髪がいたのでこれは仕込みだとは思ったのですよ。元旦那の昔の写真をみたときにターゲット変更したのかなと思ったんですがそもそもの話ターゲット自体が違っていたという。元旦那の容貌が不自然なところも怪しむべきでした。

ランを宝石とか開発話で釣るの時点でやたら短い(テレビ版だと数年単位で経過してるのなかったでしたっけ?)1週間とかで次々にネタを変えていた時点で少し違和感があったんですがそりゃ違和感ありますよね。最初からあれはジェシーを釣る為の仕込みでしたし。色々ヒントはあったものの完全に騙されてしまいました。

・ダー子
とりあえずテレビ版で散々言われてましたがやっぱり本人にロマンスは無理ですね。性格的に。
あとジェシーどんだけ嫌いなんですか。最後なんとか逃げてましたが助かったのは運が良かっただけですよね。手紙発見前に死んでる可能性の方が高い気がします。
それと最後の最後のあれで本編の内容を半分ぐらい忘れたのですがあれは何かの嫌がらせでしょうか?最後の映像はエンドロールで劇中使用されてない不自然のな曲があった時点で備えておくべきでした。

・ボクちゃん
今回五十嵐の方が目立ってないですかね?
まあ今回はすべて台本通りに動いてたので変な動きできなかったと思いますが。ボクちゃんもロマンス編は無理ですね。色々と。

・リチャード
冒頭のプールサイドの話は完全に趣味だと思ってましたすみません。

・五十嵐
テレビ版よりアクションがスタイリッシュになってる気がします。動きがカッコよかったです。この役者さんはじめたみたのがエグゼイドですがよい役者さんですよね。
ところであの空港での銃撃戦の時あれ実弾で撃たれてますよね。回避はしてましたがかなりギリギリだった気が。あれ台本通りだとは思いますが五十嵐体張りすぎじゃないですかね。

・スタア
ニセのランがスタアでした。あれ全部演技ならダー子も惚れますね。恋愛詐欺師のジェシーが完全に騙されるレベル。

・ランリウ
本物あっちですか。不自然な眼帯してるキャラがいたけど何だったんだと思ったらあのおばちゃんが本物だったんですね。本筋には関わりあるようで関わりなかったキャラですが最後の最後でおいしいところを。
しかし本物が近くにいたって事は下手したらダー子たちが本物のSPに消されてた可能性が無きにしも非ず。怖いですね。
どうでも良いですがあの宝石重くないですかね?

・モナコ
登場が不自然過ぎたので赤星の刺客はこいつだろうと思ってたんですが微妙に違った。ジェシーの駒だったんですね。
そしてモナコの背後に誰がいるとずっと考えながらみてたので今回のターゲットが違うという根本的な事に気が付きませんでした。そういう意味ではよいミスリードしてるキャラだったんでしょうかね。

・ゴッドファーザー
今回のオサカナ。2度目ですね。ダー子にも気に入られてるので続編があれば再登場もあるんでしょうかね。しかし映画予告に重要人物っぽい感じで出てると思ったら最重要人物でした。以前の映画予告の冒頭でバットを引きずっていたのはある意味重要なヒントだったのかもしれません。

・感想
テレビ版同様気持ちよく騙されました。とても面白かったです。本編観てる時はちょっとロマンスシーンが長めで少しダレ気味かなと思ってましたがあれは最後のジェシーの逃亡シーンの前振りですね。宝石が偽物だとわかって以降のジェシーの変貌ぶりはとても小物臭くて良かったです。自分のシナリオ通りに進んでいる時は完璧でも想定外の事が起きると完全に小物。ロマンスシーンはそのための前振りの演出ですねきっと。
で、とても良かったのですが一つ不満点が。テレビ公開からちょっと遅すぎてテレビ版のゲストがどういうキャラだったかいまいち思い出せない。せめて去年の冬ぐらいには公開して欲しかったです。
・・・もしかしておさらいでDVD買わせる手法ですかね?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック