映画 空母いぶき 感想

空母いぶき

ネタバレなるべくなしの感想です。
自衛隊に関しては全く知識がないので色々間違っていたらすみません。
漫画版は1巻まで見ました。

・あらすじ
20XX年、12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロにある初島に国籍不明の武装集団が上陸。海上自衛隊は小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その第5護衛隊群の旗艦の名は「いぶき」。自衛隊初の航空機搭載型護衛艦であり、計画段階から「専守防衛」に反するのではないかと議論の的になっていた「いぶき」であった。
現場海域に向かう第5護衛隊群だったが敵潜水艦からの先制攻撃や敵空母艦隊の出現により政府はついに「防衛出動」を発令し想定を超えた戦闘状態へと突入していく。

・用語解説
「防衛出動」
日本が外部からの武力攻撃、またはそのおそれのある場合、防衛のために自衛隊を出動させること。

防衛出動は国会の承認を得て内閣総理大臣が命じる事になっているようですが今回の映画では事後承認で総理大臣から発令されていました。緊急時(今回の件はまさに緊急を要する件ですね)には事後承認でよいことになってるようです。これまで発令されたことはなく、劇中でも防衛出動が発令されるまで総理大臣の長い葛藤がありました。

「専守防衛」
第二次世界大戦後の自衛隊の基本的な軍事戦略とされており、防衛上の必要があっても相手国に先制攻撃を行わず、侵攻してきた敵を自国の領域において防衛力を以って撃退する方針の事で意味する。

この専守防衛の考え方に基づきたとえ「防衛出動」であっても武力行使は最低限と決まっているようです。劇中で先制攻撃をするか否か、また死傷者が出るか否か、死傷者が出かねない場合もその被害をどれだけ抑えられるかという観点から様々な葛藤がありました。

「空母」=航空母艦の略称
航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。

航空機を搭載、発着艦させる為に甲板の殆どを滑走路としてしまう為火器に乏しく滑走距離を稼ぐために大型の艦になりがち。様々な観点から遠方での航空機の有効活用には重要な艦ですが単独では良い的になってしまうわけです。そのため護衛艦と共に運用する必要があり「いぶき」も多数の護衛艦と共に行動していたわけですね。
劇中では発着の為に使用するエレベーターが一時的に機能停止し、修理に時間がかかっていましたがあの状態では航空機が使えず物語後半まで航空機が登場できなかったのですね。

そして専守防衛のために航空機を遠方で運用する必要があるかどうか。自国を防衛する為だけならば空母は必要ないのではないか、侵略の為ではないかという観点から空母「いぶき」は論争の的になっているのです。

以下登場キャラについて

・新波歳也
「いぶき」副長。
「創設以来一人も戦闘での死者を出したことがないのが我々自衛隊の誇りだったはずだ」
この台詞、また劇中の行動から自衛隊はあくまで自衛のための組織であり、自衛隊員含め人命第一で行動してきた事を誇りに思っている人物です。国民を守る為なら自衛隊の犠牲も厭わない主人公の秋津とは日本を守りたいという根本的な思いは一緒ですが考え方の違いから意見が対立するわけです。
防衛大時代のライバルでもあり、「いぶき」の艦長の座を争ったライバルでもあった二人の思惑、行動がこの映画の見どころの一つになっていました。

・秋津竜太
「いぶき」艦長。主人公
「我々が誇るべきは、国民に誰一人として戦争犠牲者を出していない事だ」
この台詞、行動から自衛隊は国民は守るための盾であり、必要であれば矛になる必要があると思っているようです。国内外の情勢を踏まえ武力なしでは戦争を止める事は出来ないと考えているようですね。
ただ戦争を止める為には自衛隊だけではなく人々(政治家、記者など実行力、影響力ある人物、またそれ以外でも各個人)が各々戦争を無くすための行動をする必要があると考えているようです。その考え方から記者に衛星電話を返却(返却というかあれは後で処分がありそうな方法でしたが。完全に独断ですし)し、その行動を委ねたのでしょうかね?

・本多裕子
記者。映画オリジナルキャラ。
「いぶき」は自衛隊、そして日本に必要なのか。秋津に問い続けた結果電話返却に繋がったのでしょうか。自衛隊はあくまで防衛力であって有事の際に行動することはできますが戦争を引き起こさないために一番重要なのは各個人それぞれの考え方でありその各個人に訴えるのは自衛隊の部外者でありながら乗船してしまったこの記者に任せた方が良いと考えたのでしょう。
映画オリジナルキャラですが映画のテーマを考えると余分なキャラではなくテーマの為に必要なキャラだったんでしょうね。

・感想
専守防衛を掲げる日本にしかできない映画だと思います。戦闘に入るまでのそれぞれの考えた方、また戦闘開始後もどれだけ双方に被害を出さないか、戦場を拡大させないか、戦闘後の影響を考えた行動を映画で表現できるのは日本ならではのものだと思います。
アメリカ映画なら30分で終了ですよきっと。
ただ記者がらみのところはちょっと不自然かなと思います。あの捕虜が撃つまでの経緯、そしてその結果は少し無理やりな感じがしました。重要なシーンだとは思いますしテーマ的に考えると必要だとは思うのですけどね。柿沼はちょっとかわいそうですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック