映画 ゴジラ キングオブモンスターズ 感想

ゴジラ キングオブモンスターズ

ネタバレありの感想です。
ゴジラシリーズはほぼ未視聴。
名前は聞いた事がある程度の知識しかないので記述が間違っていたらすみません。

・あらすじ
ゴジラとムートーの戦いから5年。怪獣との共存を主張する「モナーク」はゴジラの被害を受けその責任を追及されていた。
モナークの科学者エマはモスラの幼虫との交信に成功するが突如として現れた環境テロリストたちにより娘共々誘拐されてしまう。テロリストたちの目的は南極に眠る怪獣達の王「モンスターゼロ」。モナークの奮闘むなしくモンスターゼロは復活してしまいそれに呼応するかの如くゴジラも姿を現すのであった。

以下ネタバレ

・エマ・ラッセル
前作未視聴なんですがなんで今回の行動に至ったのか、そしてその経緯がさっぱりわからないのですが。

今回観た中で理解できたことは

怪獣達は地球の免疫細胞のようなもので地球を滅亡に追いやるまでの文明などを持ってしまった人類を滅ぼそうとしている。
人類に怪獣を全滅させる力はない。
このままでは怪獣が文明と人類を全て破壊してしまう。
ならば怪獣とコンタクトをとれるようにしてある程度コントロールしながら文明を破壊しよう。
文明をある程度退化させてしまえば人類は怪獣から襲われる事はなくなる

ここまでは理解できます。
以下理解できなかった点

怪獣との共存を主張しているモナークでは怪獣をコントロールして文明破壊などできない。
ならば環境テロリストと手を組んで目標達成しよう。

お前は一昔前のアニメの黒幕か。
最初テロリストに協力させられてるのかと思いましたが自分から協力してたんですね。そのせいでモナークに甚大な被害が出てますがあまり気にしてない様子。非常に質が悪いですね。

しかしその結果ラストで生死不明に。状況的にはあの状況では生きてはいないと思いますがモスラとある程度コンタクトとってましたしモスラの謎の力で生き残っていて次回作以降本格的な敵になる可能性も無きにしも非ず。

・モナーク
前作観てないのでさっぱりなんですがあの人員と武力はおかしくないですかね?秘密組織的な感じですよね?
アメリカと軍事力で争ってもある程度良い勝負ができそう。核も用意できるみたいな話してましたがあれはアメリカに話をつけられるといったものかそれとも自前で用意できるのか。どちらにせよ一介の組織が持つ力と資金力ではないと思います。
でもその力も怪獣達にはほぼ無力。エマの考えもわからないでもない。

・芹沢博士
あまり詳しくはないですが初代ゴジラに出た博士をモチーフにしたキャラでしょうか?
確かオキシジェンデストロイヤーを開発して初代ゴジラを葬り去った博士だったと思います。今回オキシジェンデストロイヤーはゴジラとキングギドラを倒すには至らず、その後博士はゴジラを復活させる為に犠牲となりました。色々と違ってはいますが初代の話を元に今回のエピソードは作られているのでしょうかね?

・キングギドラ
こいつは地球外生命体という事で良いのでしょうかね?
なんで他の怪獣を操れるか理解できなかったのですがそういった能力持ちなんでしょうか。そしてそういった能力持ちならば何故ゴジラは操られなかったのでしょうか。シリーズに関しての知識がないとわからない事だらけですね。
最後のあれは次回作以降のメカキングギドラの伏線という事で良いですよね。しかしあの状態から体復活できるんですかね?

・ゴジラ
真の怪獣の王。
キングが目覚める、といったのはゴジラの覚醒の事だったようです。
芹沢博士に気合を入れられたゴジラが覚醒、圧倒、そして他怪獣を従えるまでの流れはとても良かったです。他の怪獣が付き従う様子はまさにキング。圧倒的なビジュアルでゴジラが王だと理解させてくれました。
しかし強すぎて次回作以降どんな敵になるんでしょうかね?メカキングギドラはともかくキングコングあたりだとどうしようもないと思うのですが。

・感想
ほぼ知識ない状態で観ましたがビジュアル面はとても良かったです。日本もこれぐらいの作品を定期的に作れるようになると怪獣シリーズ復活できそうですが色々難しそうですねえ。
話しの方は怪獣の存在意義とかは理解できたのですがエマの行動とかはまったく共感できずいまいち。なぜあの状態でテロリストと組むのでしょうか。テロリストの最終目的は今回明らかになってなかったと思うのですがその辺が判明すれば多少共感できるようになるのでしょうかね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック