映画 ワンピース スタンピード 感想

Effect_20190817_123055.jpg

ワンピース スタンピード

ネタバレありの感想です。
漫画版はカタクリ戦辺りまでは読んでます。
映画も時系列的にはそのあたりでしょうか?

・あらすじ
ルフィ海賊団に「祭り屋」と呼ばれるブエナ・フェスタから海賊万博の招待状が届く。世界中が海賊が集う万博の目玉は海賊王ロジャーが残した宝探し。
最悪の世代などを筆頭に海賊たちがお宝争奪戦を繰り広げるがその裏ではフェスタ、また元ロジャー海賊団のダグラスバレットが暗躍していた。

・ロー
身体能力・覇気・悪魔の実。どれも高水準で強いキャラだとは思うのですが毎回毎回ボロボロになってる気がする。前半いきなり死にかけですからね。その割に終盤は普通に動いてましたが。

・ハンコック
大型バレット相手に善戦。
そこまで強いイメージなかったですがルフィ関係でブチ切れてたのであの時だけ色々ブーストかかってたんでしょうね。下手したら最終決戦メンバーの中で一番物理攻撃力が高かったかもしれない。

・サボ
革命軍のトップクラスなんで強いんでしょうが相性がある意味最悪のスモーカーと交戦してた時間が長くそれほど強キャラ感は感じられず。
でもラストのメラメラの実とビジョビジョの実の演出は最高でした。

・スモーカー
個人的に一番強さがわからない。初期は確実に強キャラだったのですがそれ以降あまり成長してない気がするんですよね。なんとなくインフレについてきてる感じがありますが負けるときはあっさり負けてる印象が強いので。
微妙な強さのキャラが多い中将の中では最強クラス?

・ルッチ
暗躍しすぎてほぼ出番がなかったような。目的のお宝も破壊されましたしね。まあ昔より強くなったとは言え最前線で活躍できるキャラではないでしょうしそもそもこいつ戦闘の奥の手で基本的に裏で動くタイプのキャラなんで問題ないですね。

・最悪の世代
全員初期七武海かそれ以上の強さはあるとは思うのですがあまり活躍できなかったですね。主な相手がバレットでしたからね。そりゃ無理だ。その中でもルフィについで善戦するウルージさんは色々と良い扱いされてるような。まあウルージさんは将星倒してますしそれぐらい当然といえば当然な気がする。

・ウソップ
ルフィ海賊団で一番おいしい役どころ。やっぱり無理に敵幹部倒したりしないでルフィの援護役で活躍できる方が色々自然ですよね。
というか他のメンバーが海軍とかと小競り合いしてる中でバレットに遭遇してるのは運が良いのか悪いのか。ローは毎回ボロボロになってるイメージですがウソップは毎回瀕死になってるイメージ。

・フェスタ
設定年齢みて驚きましたが70代なんですね。50代ぐらいかと思ってました。
入場者特典でロジャーを超えようとして結局やってる事はロジャーの後追いって書かれてましたがそりゃ70代ならしょうがない。むしろこの年で自身の人生の集大成ともいえる計画を実行しようとしてるだけも凄いですよね。

・ダグラスバレット
身体能力・能力使わない状態でギア4と互角以上
覇気・覇王色持ち。さらに武装色もトップクラス
悪魔の実・島一つ取り込めるほど強大。
とロジャー海賊団でもトップクラスの強さというのは納得。でもカイドウやマム相手に勝てる気がしないのはちょっと寂しいですね。ちょうど漫画版だと二人の戦闘が始まりましたが大型バレットでもあの二人相手に善戦すらできない感じがある。
設定的には四皇>バレット>四皇幹部クラスなんでしょうか。まあカイドウは肉弾戦では作中トップだと思われるので物理攻撃メインのバレットだときついでしょうね。シャンクスとか黒ひげ辺りなら結構良い勝負ができそうな気がします。
しかし今回の映画で死ななかったですし漫画版はともかく今後の映画版に出てきても良いような終わり方だった気が。今後に期待ですね。

・感想
強豪海賊が集い、それぞれに実力に見合った見せ場が用意されてあって良い映画だったと思います。ですが今後の映画がどうなるか気になるところ。今回の敵を超える敵なんてそうそういない(四皇と同等クラス?)しそれを倒すにしても今回のような共闘したら二番煎じとか言われそうですしね。連載も後5年以上は続くと思うので長編漫画の映画も色々難しいもの

この記事へのコメント