映画 アルキメデスの大戦 感想

image.png
アルキメデスの大戦

どこまでネタバレを書くか迷った結果かなり感想を書くのが遅くなってしまったのでオチまで含めてネタバレありの感想を。

・あらすじ
1933年。欧米各国との対立を深めた日本。海軍は世界最大級の戦艦建造計画を秘密裏に進めていた。だが海軍も一枚岩ではなく今後の海上戦争の主力は艦隊ではなく航空機になる、といった考えを持つ山本五十六は巨大戦艦建造計画を阻止したいと考えていた。規模に対して建造費が安く不正があるのは明らか。しかし造船に関する資料は秘匿状態。海軍の息のかかっていない人物により不正を暴きたいと考えていた山本は料亭で軍人嫌いを自称する天才数学者・櫂直と出会うのだった…

以下結末含めてネタバレ

・感想
これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。
フィクション映画とは言え史実を元にしているお話であるわけでつまりは戦争を止めようとしたが止められなかった、というオチが観る前からわかる映画なのですがそれでも面白かったです。
その理由は物語の構成にあると思うのですよ。
冒頭のシーンはいきなり大和が沈むシーン。つまり主人公が奮闘しても結局戦争を止める事は出来ず大和は完成してしまう、という事実がいきなり表現されるわけです。これから主人公が奮闘するも結局会議には勝てずに大和は建造されてしまう。
と予想してしまう人もいると思いますが実際はそういう流れではなく会議自体には勝利して大和建造を阻止する事ができるのです。会議シーンも建造費に対する不正を暴いて勝利。ではなくそこから二転三転するのが面白いです。最終的に設計に関する問題点を指摘したところで相手側があっさり敗北を認めるわけですがそれにもきちんと理由付けがあるわけなのですよね。
その理由、大和は日本国民の期待を一身に背負ったシンボルでなければならない。という思惑が大和を設計した平山造船中将にはあるわけなのです。日露戦争で世界最高クラスのバルチック艦隊に勝った日本はアメリカと戦争になっても勝てるのではないかといった考えが軍だけでなく国民にも広がっていました。現状で日本が戦争に向かう道を止める事は出来ない。そして戦争になってしまったら最後の最後まで諦めない国民性ゆえに二度と立ち上がれないところまで追い込まれてしまうだろう。ならば日本の象徴ともいえる「大和」を建造し、その大和を完膚なきまで敗北させ沈める必要性があった訳です。大和が敗北することによりこの戦争は決して勝てない、最後まで戦っても無駄だと悟らせる。それが平山中将の狙いでした。
そして上記の構造上の問題点、大型の台風に遭遇した際に沈没してしまう可能性を主人公から聞かされた平山は自身の敗北を認める事になるのです。戦闘ではなく災害に負けたのでは目的、戦争では決して勝てないという事を国民に示せないからですね。
そしてその考えを聞いた主人公は悩むわけです。大和の建造を阻止しても戦争は起こってしまう。今までやってきた事=戦争を止めようとする、行為は無駄だったのか。自分にできる事はないだろうか。といった苦悩が描かれるわけです。
結局は軍部に残り大和建造に関わってしまった主人公。その心境はラストの涙に描かれていると思います。

といった感じで感想ではなくラストのあらすじをほとんど書いてしまった訳ですがこの状況が二転三転する会議、主人公の苦悩などがきっちりと表現された後のラストシーン。それに至るまでの流れがとてもよく非常に面白い映画だったと感じました。

この記事へのコメント