映画 アナと雪の女王2 感想

Effect_20191129_202542.jpg
公開直後ですがネタバレありで。

・感想
全体的なストーリーは良いと思うのですよ。目的が国を救う為、その過程で判明する真実。エルサが行動不能になってからのアナの行動。そして二つの国が和解してハッピーエンド。雪だるま作っていい?も良いですね。ディズニー映画っぽい流れで全体的なストーリーは良いと思うのですがクリストフが駄目だった。
アレンデール国の一大事なのに何を勘違いしたか中盤までひたすらプロポーズの事ばかり。そしてその内容がかなり独りよがりな内容が多い気がするのですよ。シチュエーションばかり気にしてアナが今どう思っているか全く考えてない。そりゃ色々すれ違いも起こりますよ。で、プロポーズばかり気にして実際にアナをみていないので何か起こっても気が付くのが遅れる。さすがに終盤はアナの為を思って行動してましたが中盤までは実質自分の事しか考えてないですからね。最終的にはきちんと相応しい場所、状況でプロポーズできましたが中盤できっちりできなくてむしろ良かったですよね。国、そしてエルサの危機的な状況でプロポーズしてたら元カレ以下の烙印を押されていたに違いない。
そして何より嫌なのがクリストフのような行動を自分がとっているような気がして自己嫌悪。ディズニーは王道な流れ、そして教育的な流れを入れていると思いますがこんなところまで教育的要素があるとは。いや違うとは思いますが今回のクリストフは反面教師にしておきましょう。

以下色々雑記

・オーケン
出番が少なすぎる。まあ前回もちょいキャラだし今回は出る必要性すらないキャラなので出るだけでも良いのですがちょっと残念でした。

・トロール
1では諸悪の根源的な感じで書いてしまいましたが色々突き詰めると最大の原因はアナの祖父。トロールはむしろ被害者と言っても過言ではない…。いやでもやっぱり魔法の扱いについてもう少し説明しておいても良いと思うのです。
それはともかくアレンデール国民的には色々不安だったと思うのですが。国が精霊の影響で大混乱の中崖の上に避難したらトロールと一緒にいつになるかわからない避難生活ですよ。観てないだけで1と2の間の話もあったのでそちらで何かあったのでしょうか。まあアレンデール国の国民てエルサに普通に接してるし精神的に強いのでしょう。

・イドゥナ(元アレンデール女王)
イドゥナが元国王を助けた、という事実は別に良いのですがそれに至る話をして欲しかったです。まあ両国間は祖父以外は友好的な間柄だったのでその間に普通に出会っていたのでしょうかね?

・ノーサルドラ族
敵対、そして友好の流れが極端すぎる。
友好的な間柄でした→トップが襲われたので即徹底抗戦。
34年間敵対していました→トップが結ばれていたので即和解。
この前のマレフィセント2でも思いましたがディズニー作品て市民が和解するの早いですよね。

・精霊ノック
他の精霊(サラマンダー、ゲイル、アースジャイアント)はわかりやすかったのですがこれだけ元ネタがわからない。最初見た時ケルピーかと思ったのですが。ノックってなんでしょうかね?

・アースジャイアント
他の精霊とのパワーバランスが気になる。こいつだけ強すぎないでしょうか?でもゲイルは物理攻撃無効っぽいですね。
アースジャイアント→ゲイル→サラマンダー→ノック→アースジャイアント→ゲイル…
みたいな相性があるのでしょうか?
そして全力を出せば4精霊全て凍結できる最強の5番目の精霊。
玄武白虎朱雀青龍に対する黄龍みたいな感じでしょうかね?

・デスティン・マティアス中尉
前作でエルサ捜索時にハンスが指揮を執っていたのはこの中尉が不在だった為ですよね。中尉がいれば前作のような騒動が起きなった可能性が高い気がします。
個人的にアースジャイアント戦で注意をひくために部下共々アースジャイアントを挑発する場面が好きです。
しかし全く気が付かなかったですが声優が斬鬼さんだったとは。エンドロールでようやく気が付きましたよ。声カッコいいですよね。

・クリストフ
上記の感想でぼろくそに書きましたが終盤はきっちり動いてるんですよね。アナがアースジャイアント戦でピンチに陥った際に救った後。アナがアースジャイアントを誘導して、みたいな話を聞いた際に理由を聞かずに即座に実行してるんですよね。ピンチの状況でアナがこう言っているのだからそれなりの理由があるのだろう、じゃあ自分はそれを助けるだけ、みたいな感じであそこはカッコ良かったです。
でもあの後落ちそうになったアナを中尉に先に助けられてるのはマイナス。というか何故あそこで中尉が助けるのか。いや別に助けても良いのですが別にクリストフ単独で助けた方が絵的に良い気がしたので。

・マシュマロウ
ラストだけ出演。彼もエルサが作った魔法生物だと考えると一回溶けたのでしょうか?きっとその辺りでも感動的なやり取りがあったに違いない。どんな状況か想像できないですが。

・オラフ
永遠に変わらないもの。今回の映画で提示されましたが難しいものですよね。オラフも何故か理由は全くわからないですが自称大人になったせいか日本語版の声優がかわってますしね。変わらない事は難しいものですね。
しかしあの雑学はどこから仕入れたものでしょうかねえ。というかオラフ全体的にしゃべりすぎですがよく考えたらアナもしゃべりまくっているので外見はエルサが、内面はアナが作ったのでしょう。多分。

・アナ
エルサのそばにいたい、という主張はわからないでもないですがさすがに危険だと思われるアートハランについて行く、とまで言い出すのは若干鬱陶しいとも感じたり。でも前作からしてアナはそんな感じですよね。逆に大人しく待っているって方がキャラ的にはあってないのですね。
ただその割には最終的にアナと離れて暮らすことになったのはちょっと驚きました。まあエルサが行こうと思えばすぐに行ける距離みたいですし何よりアナも精神的に大人になったという事なんでしょうね。

・エルサ
さすがに魔法が強すぎじゃないでしょうか。最終局面で崩壊させたダムの大量の水をどうするのかと思ったら跳ね返しましたよ。あれはあれでノーサルドラのところに跳ね返った水でいろいろ大変な騒ぎになりそうなものですがあそこの民は精霊の力を借りられるので何ともなかったのでしょう。
前作も強かったですが今回精霊として覚醒してさらにパワーアップ。1の感想でも書きましたがダークフェニックスと化したマレフィセントともいい勝負ができそうな感じが。次回作以降作るとしたら次はどんな試練があるのでしょうかね?エルサの戦闘の巻き添え食らったら全員一網打尽にされそうですが。エルサだけが異常に強すぎる。ああ、でもその場合でも何故かアースジャイアントあたりを使役できるようになったアナとエルサのコンビで巨大な悪を打ち倒す、的なストーリーが展開されるのですね。それはそれで観てみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント